こんにちは、モンドです(^^)/

コロナウイルスの感染者がまた増えてきたみたいですね…やだやだ。
わたしの住む地域も、収束は程遠そうです。

先日作ったハイター消毒液でマスクを消毒しながら
最近は危機感が薄れて惰性でマスクをしていたのですが
感染者が増えてくると、緊張感を感じますね。

ハンドソープがない

ところで、わたしは日頃から買いだめ大好きなので
日用品のストックはたくさん家にあるのですが
長引く自粛生活の中でハンドソープを使い切ったことに気が付いて
この前、ドラッグストアに液体ハンドソープの詰め替え用を買いに行きました。

シャンプーとか歯磨き粉とかの売り場の近くにあるかなぁ~と思ったら
ボディーソープはあるのに、ハンドソープはない。

(なんだよ、このお店ハンドソープの品揃え少ないのか)と思いながら
ダメ元で店員さんに「ハンドソープ売り場ってどこですか」って聞くと
「ここなんですけど…」と申し訳なさそうに空になった陳列棚に案内されて
ようやく事態が掴めました。

そっか、売ってないんじゃなくて
売り切れてるんだ‥!

結局、高くて殺菌力のしょぼそうな消毒ジェルみたいのしかなかったので
その場は買わずに帰ってきたのでした。

液体せっけんの代用品を考えてみた

コロナで品薄なのはわかった。
けど、石けんで手が洗えないのは困ったなぁ。
水洗いだけだと物足りない時もあるでしょうからね。

幸い、わたしは固形せっけんで洗顔しているので
固形石鹸のストックはたくさんあるのですが
固形せっけんで手を洗うと、手洗い前の汚い部分が石鹸の表面に付きそうで
なんかいやだ。

ということで、やっぱり液体石鹸のほうがいいので
何かで代用できないかな、と考えてみたのです。

自分で作ることはできないか

自作大好きなわたしなので、
ハイターを使った消毒液のように
液体石鹸も自分で作れないかと考えました!

石鹸を作るのは難しいらしい

が、ちょっと調べてみると
石鹸作るのってめんどくさそう!

単純に固形石鹸を砕いて溶かす、とかでもできそうなんですが
分離したり、水の配分が難しかったりしそう。

めんどくさいことはやりたくないっ!
ということで、作るのは却下。

できあいのキットを買うのはかえって高くつきそうだったし
今回の目的は石けんで手を洗いたいだけなので、
わざわざそこまでするくらいなら、固形石鹸でいいですしね。

他のもので代用できないか

次に考えたのが、
ハンドソープもボディソープも大して成分変わらないだろうから、
代用できるんじゃない?ということ。

ハンドソープとボディソープは何が違うか

同じ「洗う」ハンドソープとボディソープ。

中身って大して変わらないんじゃない?と思ってラベルを見比べてみると、
打ち出している内容の違いは

  • ハンドソープは外からの汚れを落とす
    「殺菌」重視
  • ボディソープは肌を良い状態に保つ
    「保湿」「美肌」重視

でした。

ハンドソープの殺菌成分を調べてみた

別の日に別のお店でたまたま売っていたハンドソープを買って
(結論、当面はこのハンドソープで持ちそうではあるのですが)
その殺菌成分を調べてみると
どうやら、「イソプロフィルメチルフェノール」という成分が
殺菌成分として入っているようでした。

ハンドソープの「殺菌」はそもそも何のためか

この「イソプロフィルメチルフェノール」、調べてみると
わきがなどの体臭予防やニキビなどの、
いわゆる「雑菌」を抑える衛生用品に含有していることが多いよう。

いずれにしても、殺菌力的にはそんなに強くなさそうで
ありとあらゆる菌・ウイルスを死滅させるほどの効果は期待しないほうが良さそう

そもそも、ハンドソープって肺炎予防というよりは
こういう臭いとか汚れとか食中毒とかを想定して作られているでしょうし、
あんまり殺菌力が強すぎると、こんどは手荒れするでしょうからね。

結論:ハンドソープにあまり期待しすぎないほうがベター

ということで、
ハンドソープに万能の殺菌力は期待しないほうがいいんだろうな、というのが結論。

手洗いの意味は「汚れを落とす」

じゃあ、ウイルスを完全に除去できないなら
手洗いは意味がないのかといえば、そうじゃなくて

ウイルスって、人の体とか「有機物」に付着して生き延びたり増殖するわけで
「手に着いた有機物(=汚れ)」を、石けんで落とすだけでも
十分に意味はあるのではないかと思うし
それであれば必ずしも(どうせそんなに強くない)殺菌成分にこだわらなくてもいいのかな、というのが私の結論ですっ。

だから、そういう意味ではわざわざ高い謎のジェル買うとかしなくても
よくわからない抗菌・殺菌成分に固執せずとも
ボディソープで代用で良いんじゃないかなぁと思うのです。

それでも心配なら
消毒液と併用を

それでもやっぱり心配なのであれば
アルコールやイソジン、次亜塩素酸水などを併用すればいいのかなと。
(次亜塩素酸水は肌に使うのはよろしくないですが)
いずれにしても、ハンドソープの殺菌成分よりも、こういう成分のほうが殺菌力強いことが多いでしょうし。
(ただ、その分手荒れしたりする可能性もありますので自己責任でお願いしますね)

なんの成分が入っているかわかりませんでしたが
除菌できる食器用洗剤とかでも、気持ち強めの洗浄力はあるかもしれませんね。
(ただ、肺炎用の除菌ではないことは確かでしょうけれどw)

あとは、水じゃなくてお湯で洗うでも少しは良いかもしれません。

ないものは作り出す工夫を

ということで、ない時は他人から与えてもらうのを待つだけじゃなくて
自分で作れないか、代用できないか
を考えてみると、面白いですよ!

このブログ、本来栄養や食事、メンタル改善のブログなんだけど
最近コロナの話とか、首の話が多いのはお許しください…

関連記事

スポンサーリンク


モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。