今まで糖質漬けの生活で不調に悩まされてきて
断糖をしている方であれば、
低血糖や高血糖になると、なんとなく特有の兆候があって
自分でわかる方もいるのではないでしょうか。

良い変化も悪い変化も
どこから現れるか人それぞれ

血糖値の変化に限りませんが、個体差って面白いもので
不調も快調も、どこに最初に現れやすいかって人それぞれ。

例えばわたしの場合
あんまり他からは聞かないのだけど
わたしは低血糖になると決まって歯ぐきがむずがゆくなります

そういえば断糖する前はすぐ虫歯になる体質だったし
何なんでしょうね。
血中の糖は歯ぐきに運ばれていたんでしょうかね。
口の中に不快感があるって、地味につらい。

調べてもあんまり出てこないので、
きっと自分特有の体内配分?なんでしょうね。

糖質摂取の加減が出やすい体の部位とは

糖質を絶っていると、
長期的にはシミや色素沈着が薄くなったり
疲れにくくなったり、頭がすっきりしたりしてきますが
シミは1日で消えるわけじゃないし、
それっていつの食生活が反映されたものなのか、
あんまり時間軸がハッキリしないですよね。

あるいは今の努力がいつ報われるのかもわかりにくければ
それだけ続ける気も下がってしまいます。

数値まできっちり知りたいならリブレ

自分の血糖値を数字で正確に定量化したいのであれば
フリースタイルリブレがありますが
そこまできっちりした数字じゃなくて良いから
もっと手軽に知りたいってこともありますよね。

フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre

新品価格
¥7,700から
(2020/2/18 02:24時点)

毎回リブレを使っていたらコストもかさみますしね。
(貼り付けるセンサーがけっこう高い)

実はもっと手軽に、かつ
早いサイクルでわかりやすいバロメータがあって
それは、です(^^)/

栄養を取れていると、疲れにくくなって全身状態が良くなってくるとか
薄かった爪が厚くなって割れにくくなったという声はよく聞きますが
それは少し時間が経ってからのことだったり、いつから良くなったのか
あんまり時系列がはっきりしませんよね。

それよりもリアルタイムで変化が出るのが
甘皮があるかどうかだとわたしは思っています。

爪の甘皮をチェック!

爪の甘皮って
いらなくなった皮膚というか、一種の老廃物。

つまり、爪の付け根から甘皮が出ているのであれば
老廃物が多い=糖質過多になっている可能性が大きいのではないかという考えです。
※あくまで私個人の考えです

糖質過多だと老廃物が増える

実際に自分も甘皮がボサボサと出ている時って調子がいまいちで
逆に、連日とんこつスープの期間とか、脂たっぷり食生活をしていると
爪の生え際がつるんと綺麗になります!

ほんと、波打ち際みたいな甘皮がなくなって
爪と皮膚との境界線がくっきりはっきりしてきます。
(わたしの場合)

しかも、爪の生えてくるサイクルと同じくらい、
数日~1週間くらいの食生活を反映しているような、そんな気がしています。

ちなみに↑の手の写真は私の手ですが
この時は悪くはないけど、ちょっと微妙な感じかもしれませんね。
爪以前に手も乾燥してるし。
きっとお菓子でも食べていたんでしょう。(悪い例出してどうする)

追記

この少し後に牛肉をたくさん取り寄せて
もつ鍋とか牛脂とかたくさん摂ったら
すぐに爪も肌もきれいになっていました!!

爪を管理しながら糖質チェックで一石二鳥

言い換えると、糖質をしっかり控えていれば爪もきれいになっていきますし
お金を払ってネイルサロンで甘皮除去してもらう必要もなくなります。

つまり、糖質をコントロールしながら、爪も綺麗になるという
一石二鳥ですよね。
男性だって、手元が綺麗になればそれは嬉しいはず。

ということで、あなたの爪はどうですか?(^^)

スポンサーリンク


モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。