こんにちは、モンドです(^^)/

新型コロナウイルスの話題が絶えませんね。
わたしは副業で接客業をしているのですが
マスク着用が義務になったものの、
やっぱり色んな人と接するのでけっこう怖いです。

マスクの効果ってどのくらいあるの?

わたしは元医療従事者で5年間毎日マスクをして仕事していたので
マスクして仕事すること自体は特別不快感はないのですが
せっかく手間暇かけているメイクが落ちやすくなるし、あんまり好きではありません。

そもそもマスクの役目って

マスクってどのくらい効果があるのかというと
そもそもマスクって、自分が保菌している菌をまき散らさないためのもの。

咳やくしゃみにのせて菌を飛ばさないという効果はあっても
他人からの感染を防ぐという意味では完全とはいえません。

さらに、咳やくしゃみにといった飛沫感染なら効果はあっても
空気感染であれば尚更。(隙間あるしね)

ちなみに隙間のないN95という特殊なマスク↓もありますが
コロナウイルスが収束するまでみんなが毎日これを使い続けるのは
あんまり現実的じゃないですよね…

3M Vフレックス 防じんマスク 9105J-DS2 レギュラーサイズ 20枚入り 国家検定合格品

新品価格
¥5,000から
(2020/2/19 01:54時点)

そもそも隙間が少ないから苦しいし
1日中ずっとこれをつけて仕事するものではなく
ピンポイントで感染症を患った患者さんと接する時に使うようなもの。

という感じで、完全に防ぎようがないと考えると
ちょっと怖いですよね。

完全防護が難しいからこそ、抵抗力を高める工夫を

じゃあ、どうしようもないのかというとそうではなくて
完全に防ぎようもないからこそ

  • 感染しにくいように、免疫力を底上げする
  • 万が一感染して初期症状が出たとしても
    重症化させないように抵抗力をつける

という対策は十分可能だとわたしは思っています!

しかもこれは新型ウイルスだけに限らず、
インフルにも風邪にもいえること。

そもそも感染しにくく
重症化しにくい体をつくる

ではどうすればいいのかというと、
バランスの取れた食事と睡眠
などというありきたりで抽象的なアドバイスをするつもりはなく…

ここでもやはり
サプリをおすすめします!!

具体的にどんなサプリをおすすめするか
順番に書いていきますね。

1.うつらないようにするために

なにも症状もないけれど
毎日の通勤や人混み、接客などで
もしかすると感染している人とすれ違っているかもしれない
というリスクのある方であれば
予防をしたいところですよね。

また、受験や大会など
絶対に休めない大切なイベントを控えている方もいるかもしれませんね。

感染しにくい体を作る

そこで、免疫力を支えている
ビタミンDの出番です!

本来、感染症というのは
ちょっとやそっとの菌やウイルスが体に入ったとしてもすぐには感染・発症せず、
感染にはある一定量の菌(ウイルス)量が必要です。

感染に必要な菌(ウイルス)の量が少なければ少ないほど
ちょっとの菌(ウイルス)に曝されたただけで発症する、
つまり、感染力が強いということ。
ノロウイルスなんかがそうですね。

免疫力を高めておけば
たとえ雑踏でウイルスに接触したとしても
多少であれば体が拒否してくれるということですね。

2.もしうつってしまって
体調が悪いなと感じたら

もし万が一、どこかで菌やウイルスをもらってしまって
なんか調子が悪い、風邪ひいたかも…という段階では
ビタミンCがおすすめ。

体内の菌を退治する

ビタミンCは予防というよりは
今現在風邪やインフルなどにかかってしまって
体が戦っている状態のときに
治すための戦闘力を上げてくれるようなもの。

天然のパ●ロンでもいいましょうか。

あ、もちろんこの段階では
人にも移さないようにマスクをして外出してくださいね!

まとめ:体に入れない「守り」と、体から退治する「攻め」を

ビタミンCとDを矛と盾に例えるのであれば

  • 体に入ってこないようにする盾
    ビタミンD
  • 入ってきた菌(ウイルス)を闘って退治する矛(剣)
    ビタミンC

という感じでしょうか(^^)/

つまり、予防にはDを、
いざひき始めたらCの出番
です!

マスクだけに頼らない自己防衛を

実際、わたしも
歯の炎症があって以来、
ビタミンCとDは欠かさず飲んでいます(^^)/
(実はちょっと風邪ぎみ)

マスクが品薄だからこそマスクだけに頼らないでできる対策で
少しでも不安を減らしたいところですよね。

新型ウイルスが無事に収束してくれて
みなさんが何事もなくご無事であることを願っています◎

関連記事

体の防御と併せて行いたい
手の触れるものの消毒殺菌。

アルコールも品薄になっていますが
身の回りにあるもので実は消毒液が自作できるのですよ◎

おなじみビタミンCについてはこちら。

ビタミンDと、冬にインフルエンザが流行りやすい理由は
なんだか関係がありそうです。

スポンサーリンク


モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。