実はわたし、昔から虫歯になりやすい体質なのか
口の中は治療した歯だらけなんです。

神経まで重症化して、銀歯になった歯もたくさんあります…泣

おそらく、糖質制限のことを知る前の生活が
相当高血糖だったのか、
血糖値の影響が口腔内に出やすい体質だったのでしょう。

日々、微量の有害金属を摂取している

栄養医学の勉強をしていると
栄養不足が問題になることだけじゃなくて
水銀や鉛などの金属の成分が体に過剰に蓄積することが
代謝に影響することをどこかで知ることになります。

極端な例だと、昔問題になった水俣病やイタイイタイ病なども、
水銀やカドミウムなどの重金属が体内に蓄積した例ですね。

重金属とは

「重金属」とは、金属の中でも比重の大きい
文字通りいわゆる「重たい金属」のこと。
※対比として、アルミニウムやチタンなど比重の小さい金属は「軽金属」と言われます

なじみのある金・銀・銅や、
水銀や鉛、ニッケル、ウランなど、名前を聞くだけで体に悪そうな物質もあります。

必要以上に体に入ると有害性があるものが多くありますが
一方で、銅や亜鉛、鉄など、ある程度の量は体に必要な重金属も存在しますので
重金属=すべて体に悪いもの、とも限りません。

ただ、工業用排水や空気汚染などで
摂りすぎると問題になるということですね。

体にもデトックス機能が備わっている

公害となると極端な例で自分には遠いものだと感じがちですが
身の回りの金属や、食品添加物、汚染された海で育った魚を食べるなどして
自然に生活しているだけでも重金属は意識せずとも体の中に入ってきます。

自然界にも存在しますから、完全に摂取をゼロにするのは難しいでしょうし、
体には毒素を排出したり解毒する機能も備わっていて
ある程度の量の有害物質には耐えうるしくみになっていますから
そこまで神経質になりすぎる必要もないのかなと。

しかし、体のデトックス力を越えた有害金属が入ってくると
不調の原因になったり、または
サプリや栄養を見直してもなかなか改善しない、ということが起こってきたりするのです。

歯の詰めものも金属

賛否両論はありますが、
歯の詰め物(銀歯)も金属ですから、
時には、口の中の金属がアレルギや体調不良などの原因になる場合もゼロではないようです。

わたしはアレルギーではないのですが
銀歯が口の中にいくつもあれば、少なからず
メンタルや体調に影響していそうだなぁ…と思っていました。

でも、わざわざ銀歯を外して詰め替えてもらうのもなぁ、という思いと
健康保険がきかないので(適用になる部位もあるようですが)
そのまま放置していました。

銀歯のほうから取れてくれた

ところが先日、
いつもの朝食、くるみを食べていたら
銀歯が取れたのです。

眠い朝でも2分で簡単に用意できる、お気に入りの時短&低糖質朝食をご紹介!

↑いつもの朝食。くるみを常食しています♡

これはちょうど良い!
わざわざ銀歯を取りに行かなくても自然に取れてくれたなんてラッキー!!
と思い(笑)、
体内の重金属除去に理解がありそうな歯医者さんを検索して
診察をしていただいたのでした。

一般的な歯医者さんでは
重金属の毒性はあまり理解されない

というのも実は過去に
何箇所か歯医者さんに相談したこともあったのですが
奥歯ならそんなに目立たないよ?的な対応をされたり、
表面は白くても土台が金属だったり…

なんかちょっと違うなぁということが続き
ふつうの歯医者さんでは
重金属の除去はあんまり理解してもらいにくいんだな、ということを学習したのです。

結局、審美目的だと思われたり、
保険診療だからと金属の詰め物を勧められたりね¯\( ˘–˘ )/¯

話は戻って、今回相談した歯医者さんは
メタルフリー外来的な診療をしていて、栄養医学の知見もお持ちの先生でした。

自由診療で任意の検査ではあるものの、
オリゴスキャンという微量元素の測定を行っているよう。

サプリが素直に聞きにくかった過去のあるわたしは
絶対水銀とか重金属蓄積していそうな心当たりがあったので
一度、体内の重金属がどのくらいあるか受けてみたくて
この機会に受けてみることにしたのでした!

重金属、ミネラルを手のひらで測定できる
オリゴスキャン検査

体内の重金属検査って、
毛髪とか爪で検査するのかと思いきや
手のひらで検査できる機械があるよう。

今回は「オリゴスキャン」という機械で
検査してくれました。
→「オリゴスキャン(Origoscan):ミネラル有害金属測定解析システム」の公式サイト

先生曰く、
「こっちのほうが毛髪とかよりも誤差が少なく測れるんだよね」
とおっしゃっていました。
たしかに、髪の毛より手のほうが血液や体液に近い気もしますね。

※今回、オリゴスキャンという測定法を紹介させていただきますが
あくまで個人の体験談であって
製造業者さんとの利害関係は一切ありません。

痛くない簡単な検査

面倒な前処置や食事制限などもなく、
初診のその場で検査してくれました。

前処置といえば手を洗ったくらい
手をよく洗って乾かしたのち、
小型のルンバみたいな機械に手のひら数ヶ所を当てて検査してくれました。

かざすだけなので、
もちろんまったく痛くないです!

光度を分析するので
結果もすぐに出る

測定原理は、手のひらに光を当てて
その反射率や屈折率から体内のミネラル濃度を算出するというもの。
→詳しい原理についてはこちら(オリゴスキャンの公式サイト)

毛髪検査のように、含有量を直接測るしくみではないので
結果もすぐに出てきて、先生が説明してくれました。

はじめて受ける微量元素の検査結果にドキドキ。
たぶん、水銀とか振り切れて蓄積されてるんだろうなーと思っていたのですが
結果がこちら。

緑が標準範囲、黄色が少し過不足があり、
もっと過不足があると赤になるようです。
(細かく言うと、±1SD、2SDを基準にしているようです)

どうやらマグネシウムが不足しているようです。
サボっていたエプソムソルト再開しよう〜。
(お風呂に入れて皮膚から吸収するマグネシウムの粉末です)
そろそろ気温も下がるし、ちょうどいいや。

髪の毛やお肌のハリコシになるというケイ素も足りないよう。
髪の毛はコンプレックスだったので、
シリカ水とかためしに飲んでみようかな。

セレンのサプリも飲もうかと思ったことがありましたが
わたしはむしろ過剰ぎみみたいでした。

気になる水銀はこちら↓

振り切れていると思った水銀は
まさかの標準範囲内。

アルミニウムは、缶とか、鍋とか、レトルトパックとかでしょうか。

過不足はあったものの、
思ったほど悪くなかったことにビックリしました。
いやまぁ異常値はあるんですけどね。

銀が過剰って…なんかセレブっぽい(^^)/
じゃないかw

もちろん、この結果が全てではなくて多少の誤差や変動はあるでしょうが
足りてないと思っていた亜鉛や、振り切れていそうだった水銀が
そんなに悪くなかったことにビックリ。

先生に「栄養医学勉強してるならわかるでしょ」と言われましたが
わからないものだらけでしたw
アンチモンとかビスマスとか、何?

これ、食事改善とかしてまた受けたいけど
いかんせん気軽に受けられる金額ではないので
この結果を見て思い当たる食生活を改善するのみですね。

体内微量元素・重金属測定を行っている施設

ちなみにわたしが今回受けたオリゴスキャンは
以下の施設で導入されているそうですので
よかったら参考にしてみてください!
→都道府県別オリゴスキャン実施施設

手のひらで検査する方法じゃなく毛髪などで調べる方法であれば
上記以外の施設でもやっている可能性はあるでしょう。

ちなみに、今回わたしはたまたま歯医者さんで受けましたが
必ずしも歯医者さんじゃなくても、
医科(病院・クリニック)でも行っている施設はあるかと思います!

いずれもその方に必要かどうか診察したうえで検査することになると思いますので
まずは検査が受けられるかどうか、施設に相談してみてはいかがでしょうか。

※ちなみに保険診療とはなりませんので
ご予算には注意してくださいね。

重金属のおはなしは、
この記事の中に書くと長くなってしまいそうなので
また改めていつか記事にしますね。

金属の詰め物除去に
理解のある歯医者さんの探し方

今回、わたしは数か所歯医者さんを当たりましたが…

ホームページに金属じゃない詰め物のことを標榜してあっても
実際に行ってみるとあまり話を聞いてもらえなかったり
予算面を気遣ってくれてか、結局は
金属の詰め物をすすめられたりすることが多かったです。

(病院や歯医者って、自分の話すターンが限られるうえ
歯医者さんって尚更、口開けているから
物理的に喋れるタイミングがないですよねw)

注意:ほとんどの場合は保険診療にならない

注意していただきたいのは
保険診療にはならないことがほとんどなので、
金属じゃない詰め物にしてもらうと、1本で数万円~10万円くらいかかる場合もあり
歯医者さんによって値段は変わります。
(詰め物の大きさや部位にもよると思いますが
わたしは専門でないので、詳しくは歯医者さんに聞いてみて下さいね)

歯科金属除去自体が賛否両論

歯科領域に詳しくないわたしがそれを良い悪いとは断言できないし、
金属の詰め物除去自体が賛否両論で、
「やみくもに除去して高価な詰め物にする必要なんかない」と主張される先生も
一定数いらっしゃいます。

なので、ホームページを見て金属じゃない詰め物にしてもらえる
歯医者さんを探すのであれば
金属除去もやってますよ、とサラッと書いているところよりは
重金属がいかに体に悪いかをしっかり表記している歯医者さんや
完全予約制などにして、一人一人のカウンセリングを丁寧にしてくれそうな歯医者さんがより確実なのかな。

栄養外来を併設している歯医者さんも増えています

ちなみに、お医者さんだけでなく、歯医者さんや歯科衛生士さんも
現場で働いているうちに、摂取している栄養と健康の関係に気が付いておられる方が
少なくないようです。

栄養医学に詳しい先生に診てもらいたい場合は
サプリの販売やビタミンC点滴、栄養外来などを取り入れられているクリニックを
探すとよいと思いますよ。
(悪質業者さんにはご注意くださいね)

歯医者さんなのになんでサプリ?点滴?
お金儲けのためじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、
虫歯になりにくくするのは、歯磨きだけじゃなくて
根本の体づくりから、という観点でしょう。

↑このあたりも賛否があると思いますが
個人的には、次々虫歯が重症化していた体質のわたしも激しくそう思います…!

ジムにお金を払うような感じで、
そこにお金を払えると思えるかどうかは
それぞれの感覚があって良いと思います◎

お住まいの地域の近くに、
栄養医学に理解のあるクリニックや歯医者さんがあると嬉しいですね。

参考

今回は「オリゴスキャン」
公式サイトさんの情報を参考にさせていただきました。
→「オリゴスキャン(Origoscan):ミネラル有害金属測定解析システム」の公式サイト

気になるという方や、有害金属に理解のあるクリニックをお探しの方は
こちらも参考にしてみて下さい。
→都道府県別オリゴスキャン実施施設

※オリゴスキャン以外にも有害金属測定法はいくつかありますので
上記の施設がすべてとは限らないですよ(^^)/

ということで、またその後をご報告しますね!

関連記事

マグネシウムを肌から吸収!エプソムソルト入浴とは。

水好きがシリカの摂れるミネラルウォーターを探してみました~健康の土台は良質な水から~

和の文化で、日本人女子に足りない鉄を摂る。

 

 

スポンサーリンク




モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。