以前、肌からマグネシウムを吸収する
「エプソムソルト」をご紹介させていただきましたが、

マグネシウムを肌から吸収!入れるだけで手軽にできるエプソムソルト入浴とは。

今回は、
飲み物に混ぜる液体タイプのマグネシウムサプリを買ってみたので
ご紹介します!

不足しがちなマグネシウム

世間ではカルシウムを摂れ摂れと言われますが
カルシウムと同じくらい大切なマグネシウムも不足していることが多いうえ、
あまりその重要性が知られていません。

【サプリの摂り方】マグネシウム(Mg)

マグネシウムは一言で言うと、体の活動を円滑にする
潤滑油のような役割をしています。(油ではないけれどね)

マグネシウムが不足すると、
便秘がちになったり(便秘の薬としてよく処方される酸化マグネシウムもマグネシウム)
疲れやすくなったり、筋肉がこわばる→頭痛や肩こりの原因にもなりますし
イライラや落ち込みなど、神経系の不調にもつながりやすくなったりと、
よく身近で起こりがちな不調とも密接に関係している可能性が大きいのです。

詳しくは↑の記事にまとめていますので
よかったらそちらもどうぞ。

サプリは粒が大きい

ですが、マグネシウムをサプリで摂ろうとすると
粒が大きいんですよ。

500mgナイアシンサプリ(右)との比較。
ナイアシンは大きすぎず小さすぎず普通サイズくらい。

しかも、ビタミンなど他の栄養を摂ろうとすると
サプリを飲む量がたくさんになってしまって、
マグネシウムって優先順位が後回しになりがち。

しかも、栄養が足りていない人ほど
「飲み込むときにのどにつかえた感じがする」という訴えも多くなりがちで
栄養が足りない人ほどサプリを飲むのが大変だったりもするのですよね。

ということで、「粒で飲む」以外の形で補給できたら無理なく摂れますし、
なるべくならナチュラルな形で摂れたらラクじゃないですか。料理に入れるとか。

加熱調理にサプリを丸ごと入れるのは注意

鉄サプリとかであれば
さりげなくお味噌汁に溶かすのも有効です。

和の文化で、日本人女子に足りない鉄を摂る。

たとえばサプリを嫌がる子供さんに、さりげなく鉄分を摂ってもらうとかいう時に
お味噌汁やスープに溶かすのは賢い工夫です。

ですが、煮物や汁物などの料理にマグネシウムサプリの錠剤を丸ごと入れるのは
マグネシウムの温熱効果で発熱する可能性があるそうなのであまりおすすめできないのです。

液体マグネシウム濃縮液
laus+を試してみた

ということで、飲み物に混ぜるタイプの
マグネシウム濃縮液を試してみることにしてみました(^^)/

今回買ったのは、laus+マグネシウム濃縮液という
プッシュタイプの液体マグネシウム濃縮液です。

手のひらサイズ。デザインもシンプルでかわいいですね。
持ち歩きもできそうですし、キッチンやデスクの引き出しなど
すぐ取り出せるところに手軽に入れられそうな、使いやすいサイズ感です。

会社のデスクに置いていてもエチケット用品みたいで、違和感はなさそうですね。
今ならそれこそコロナ除菌グッズにも見えそう。
(もちろん本品はコロナに効果があるものではありませんが)

北海道の深海から採水した海洋深層水

ちなみにlaus+の語源は採水地の北海道羅臼(らうす)町。
北海道の東端の、北方領土にほど近い地域の海洋深層水が原料だそうで
水が原料と聞くと安心できますよね。

地元ではないのですが、故郷が近くだったので
親近感と応援したいなという気持ちもあって買ってみました(^^)

推奨摂取量は1杯に2滴を4回

laus+マグネシウム濃縮液の推奨量は、200mlに2滴(2プッシュ)
スプレータイプで、プッシュすると少量出てきます。

200mlというと、コップやスープカップ1杯くらいの量。
これを1日4杯(8滴)摂ることが推奨されており
laus+マグネシウム濃縮液を8滴摂ると、120mgのマグネシウムが摂れるようです。

ちなみに国で定めている摂取量の目安量は
1日300mg程度。
→参考サイト:年齢別マグネシウム摂取量基準

食べものと合わせてマグネシウムを補完しよう

食べ物や水にもマグネシウムは多少含んでいますし、
サプリからマグネシウムの推奨摂取量を全量摂る必要はありません。

500mlのペットボトルや水筒などであれば5プッシュでしょうか。
その大きさによって加減して入れてみてくださいね!



マグネシウム過剰はまれ

薬などで日常的に多量のマグネシウムを摂っている方や腎機能の低下している方、
よほどたくさんの量をがぶ飲み(?)しない限り、過剰になることはまれですので
多少の量に関してはあまり神経質になりすぎる必要はないと思います。

体で要らない分は、多少であれば体の機能で排出してくれますが
もしマグネシウムが過剰になった場合は、おなかがゆるくなったりします。
(便秘の時に処方されるのも、酸化マグネシウムというマグネシウム製剤ですからね)

味はしないので
飲み物や汁物に混ぜて飲める

水やスープ、コーヒー、味噌汁、ラーメンのスープなど色々なものに溶かして飲んでみましたが、
味やにおいなどのクセはほとんどありませんでした!

真水に多めに入れると、ほんの少しだけ苦みを感じますが
それでも意識しないとほとんどわからない程度。

お酒や牛乳にも入れてみましたが、分離したり結晶化したりもしませんでしたので
和食のお味噌汁や洋風のスープ、水はもちろん、飲み物やお酒、
ごはんを炊く時に1プッシュするなど、味を選ばずに混ぜることができます。

味が変わらないか気になる…という方は、味噌汁やお茶など
もともと渋みのある味のものに入れるのがおすすめです。

原液を飲まないように注意

ちなみにこの記事を書くにあたって
原液は味がするのかな?と思ってためしに1滴なめてみましたが
エグ味のような苦みとヒリヒリした灼熱感がありました。

濃縮液ですからね。マグネシウムが豊富に含まれている証拠です。
みなさんは真似しないでちゃんと薄めてください。笑
200mlに2滴だと100倍くらいに薄まりますので、先ほど書いたように味は感じなくなります。

場所を選ばずマグネシウム補給できる

粒状サプリのように「いかにもサプリ」感なく
こっそり飲み物に入れられて、手のひらサイズなので
外出先や旅行先でも気軽にマグネシウム補給できるのがいいですよね。

味も変わらないし、マグネシウム濃縮液入りの水で(他の)サプリを飲めば
一度で二種類の栄養補給がラクにできて一石二鳥です!

今回わたしが購入したのはこちら↓の濃縮液です(^^)/



色々な飲み物に混ぜることができて
ちょっとずつ、さりげなく無理なくマグネシウムが補給できます。

サプリを嫌がる子供やご家族にもおすすめ

自分だけでなく、ご家族にマグネシウムを摂ってほしい(けどサプリは嫌がる)
という場合にもおすすめです。

粒状のものをえいやっ!と飲むより格段にラクです!!

サボりがちな人は定期配送で習慣づけを

ちなみに毎月定期配送もできますので、定期的にしっかり摂りたい方はもちろん、
ついサボりがちな方やサプリを飲むのを忘れがちな方にもおすすめですよ。

サプリって、飲むのを習慣にするまでが最初のハードルだったりしますからね。

小型なのでメール便でポストに投函してくれて、受け取りも気楽です。
(家庭のポストのサイズによりますが)

1ボトル3000円ほどなので、
あれこれとよくわからないサプリや健康食品・グッズを試しまくったり
病院やらマッサージやらカウンセリングを探し回るよりはずっと堅実と思います。

「マグネシウム」というれっきとした栄養成分が、体にしっかり補給されて残るわけですしね。

追記:
マグネシウム濃縮液を飲んでみた体感

ちなみに、これを書いてから1週間ほどマグネシウム濃縮液を試してみた体感は
疲れにくさがラクになったと感じています!

あくまで個人的な体感なので、全ての方に当てはまるわけではないでしょうが
わたしは大して体を動かしていなくてもものすごく疲れやすく、
外出した後や休日は疲れ切って寝たきりのようにほとんど寝ているのですが(なのでネット発信をしています)
体もそうですが、特に頭がスッキリした気がしています。

いつまでも眠気がとれず頭が回らなかったのが
考える気力がわくようになったというか。

お陰で、しばらく文字を読む気になれなかったのですが
本をたくさん買って貪るように読んでいます…!!

体が資本と言いますが
ほんと、心も体も動けないことには何も始まらないし、
かと言ってだるい体に鞭打って無理やり動いても後からツケが回ってくるだけなので
自然に元気が湧いてくることの有難みは言葉で言い表せないほど大きなものですね。

【サプリの摂り方】マグネシウム(Mg)

ほんとに、ありがとうございます…!!
ということで、わたしはlaus+マグネシウム濃縮液を定期購入して続けます(^^)/

おまけ:局所的な補給は「塗るタイプ」がおすすめ

ちなみに、肩こりや筋疲労など、局所的にマグネシウムを浸透させたい場合は
マグネシウムオイルやマグネシウムスプレーがおすすめです。

塗る用のマグネシウムオイルはこちら

まとめ:より自然に近い形で
無理なく栄養補給を

もしかしてマグネシウム不足かも?と思うけど、
サプリを飲むのはちょっと…という方は、試してみてはいかがでしょうか(^^)/

飲み物に混ぜて栄養補給をすることができれば
粒状サプリのように「いかにも飲んでいる」感もないし
スープやお味噌汁などの料理にさりげなく混ぜることができるので、
粒状のサプリを飲み込むのがしんどい方や、お子さん・ご高齢の方にもおすすめです。

今回ご紹介したのは
こちらのlaus+マグネシウム濃縮液です↓


 

意識的に栄養を補給することによって
知らず知らずのうちに栄養不足になってしまうことを自ら防いで
より強く生きていきたいものですね!

関連記事

腸=大腸とは限らない。~他人にはわからない、お腹が張る「SIBO」の苦しさと、自分に合わない食材の見分け方~

水好きがシリカの摂れるミネラルウォーターを探してみました~健康の土台は良質な水から~

スポンサーリンク


モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。

ここでサプリを買ってます!

海外製サプリやプロテインを買うならiHerbというサイトがおすすめ。
気になる送料も安くて品揃えもレビューも豊富。
わたしも毎回このサイトからサプリを取り寄せています◎
→愛用アイテム一覧