みなさん、
甘いものはお好きですか?

わたしも勤め人時代、むしゃくしゃした日はよく
お昼休みにアイスとかモンブランプリンパフェとか買って食べてました!

休憩室で堂々と食べてるもんだから
「え、モンドさん何食べてんの?!( ゚Д゚)」
って、会話のネタにはなったよね笑

プリンは糖質制限している今でも好きです♥

甘いもので幸せなのは、一時だけ。

しかーーーーし!

結論から言うと

甘いものは
あなたのメンタルを蝕みます!

過去のプリンモンブランパフェグランデ食べて
むしゃくしゃをリセットした気になってた自分にも言ってやりたい。笑
その後きちんとメンタル荒れて退職してるしね…

糖質=甘い物とは限らない

「砂糖」だけじゃなくて
ごはん、パン、麺、果物など
糖質全般ね。

かわいい~!は
甘い食べものじゃなくて
アクセサリーや雑貨で満たしましょう。

かわいいスイーツ食べるなら
オシャレなフラペチーノ買うなら
唐揚げ買って帰りましょう(*´з`)

メンタルを病む人に共通する食生活

思い出してみて下さい。

あなたの周りの、情緒不安定な人。
メンタルのトラブルを抱えている人。

どんな食生活をされているでしょうか?

甘いもの大好き、趣味はスイーツ巡り

・ 一人暮らしで、食事は菓子パン、ラーメン三昧

・ ペットボトルジュース、甘いラテを毎日欠かさない

↑いますよねこういう人(*´ω`*)

逆に、こういう人はどんな性格の人が多いのか
考えてみても興味深いかもしれませんね。

気分が落ちやすいのは、何時頃か

また、
あなた自身がメンタルのお悩みを抱えているとしたら
メンタルが落ちたタイミングを思い出してみてほしいんです。

いつも、何時くらいが多いでしょうか。

夕方?朝?
遡って3時間前、何食べた?と。

3時間後にイライラする理由

あるいは、メンタルじゃなくても
ご飯を食べて3時間後って、フラフラして集中力が落ちたり、
食べものが食べたくて無性にそわそわしたり、イライラしたりしがちじゃないでしょうか。

そういうわたしもそうでした( ;∀;)
医療のお仕事をしていた頃は、毎日7時に朝ご飯を食べていたのですが
10時半になるとお腹が空いて早くお昼休みになれ!!って思ってソワソワしていました。
で、勢い余ってプリンとか買っちゃうのね。笑

当時は「自分は代謝がよくて消化が早い」と思っていたのですが
どうやらそれだけではなかったみたいです。

お腹が空いているから当然、ではない

「そんなの、食べ物が消化されてお腹空いてるんだから
当然じゃないか」と思われるかもしれませんが
半分はその通り。

だけど、想像してみてください。
その「食後3時間後の、超絶何か食べたくて仕方ない時間」を越えると
逆に、空腹がおさまってどうでもよくなった
経験ってありませんか?

仕事が忙しくて食事するタイミングを逃したとか
趣味に没頭してご飯を食べるのを忘れてたとか
ご飯作るのめんどくさくて、1食抜いたとか。

そう。空腹感って、
単純にお腹にどれだけ食べものがあるか、だけではなさそうです。

その「フラフラ」には意味がある

甘いものがやめられないとしたら、あなたの気分は
血糖値に左右されている
かもしれません。

つまり、お腹にどれだけの「量」の食べものがあるかないかではなくて、
食べたものの「質」が決めている、ということ。

食べる前よりも低血糖?

甘いもの、つまり糖質を食べた反動で起こる、低血糖
実はメンタルに影響を与えていることがあって

たとえば、ごはんを食べた直後には血糖値が上がっても
数時間すると、その反動で血糖値が空腹のときよりも
むしろ下がりすぎてしまうことがあるのです。

例えば、脳のエネルギー補給をして集中力を高めるという触れ込みで売られているブドウ糖ですが
あれ食べて集中できた!って人ってどのくらいいるでしょうか。

血糖値が下がるとどうなるのか

ではでは、血糖値が下がるとどうなるかというと、
繰り返しになりますが、だるいとか、集中できないとか、イライラするとか、甘いものが食べたくてソワソワするとか、メンタルが落ちるとか
なんとなく、経験したことがあるのでは。

その気分は、血糖値に操られていた

いつも特に思い当たることもなくメンタルが落ちて
そんな自分に自己嫌悪を感じていた方も、
科学的な根拠があった、「砂糖に感情を動かされていた」と思うと、
自分を責めなくてよくなり、すこし肩の荷が下りるのではないでしょうか(^^)

関連記事

スポンサーリンク


モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。