昨日の記事の続き。

 

脳内ホルモンはタンパク質を材料にしてできている
ということを書きました(^^)/

 

ちなみに、「脳内ホルモン」は正しく表現すると
神経伝達物質」というものです。

すべてのホルモンがタンパク質からできているわけではなくて
コレステロールを材料にしているもの(性ホルモンなど)なんかもありますよ☆

これについてもまたいずれ書きたいのだけどね(*´з`)

 

 

 

脳内ホルモンの種類
~どんな感情を司っているか~

 

この脳内ホルモンにも、いろいろ種類があってね。

色んな感情やモチベーションの源になってくれているのです◎

 

しあわせ♡を感じる  セロトニン

熟睡ホルモン  メラトニン

やる気みなぎる  ドーパミン

集中や緊張を維持する ノルアドレナリン

ほっと安心  GABA(ギャバ)

 

感情を感じるためにも、実は
こういった物質(脳内ホルモン)が体の中で十分量分泌されている
、というのが大前提。

 

 

 

脳内ホルモンが不足すると

 

で、これらが足りなくなるとどうなるかというと
作用の、つまり…

 

 

しあわせ♡を感じる  セロトニン
 →不安、心配、落ち込み

熟睡ホルモン  メラトニン
 →眠れない

やる気みなぎる  ドーパミン
 →やる気が出ない

集中や緊張を維持する ノルアドレナリン
 →注意力散漫 

ほっと安心  GABA(ギャバ)
 →攻撃的、恐怖感

 

※原因を断定するものではありませんので
あくまで一例として参考にして下さいね。

 

 

たとえば自己啓発とか、自分満たしとかで、一時的にいい気分になっても
またすぐこういうネガティブ感情に戻ってしまう
のは

思考がネガティブだからとか
トラウマがあるからとか
自信がないからとか

 

そういうマインド以前に
自分の心持ちを責めてしまう以前に

もしかすると、そもそも
感情のエンジン、脳内ホルモンが足りていないのかもしれないね。

 

 

体の中にないものは、補うに限る。

 

気分が落ち込んでいるのに
「感謝!笑顔!!」って無理やり鞭打つのは

ガソリン切れの車を無理やり動かそうとしているようなものかもしれない。

そして、そうやって自分の気持ちに逆らったところで
幸せになれるはずがない。

 

 

プロテインだけではないにしても
タンパク質は、そういった脳内ホルモンの材料になってくれるのです(*´ω`*)

 

そういったわけで、こころの筋トレとして
わたしはプロテインを飲んでいます~☆

 

 

あまり断定的なことを偉そうに書くと色々よろしくないので
この辺りにしておきますね(^^)/

 


モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。