今日は、情報の捉え方について
考えてみたいと思います^^

 

 

教科書や先生だって、知らないことはある

 

糖質過剰だとか、カロリー神話だとかの善し悪し以前に

 

現代医学のカリキュラムのもと働く医師や医療スタッフであれ
その医師を頼って受診する患者さんであれ

 

教わったことは全て
正しい
と信じて疑わない。

↑この意識こそが問題なのではないか、と
わたしは思っています。

 

よくあるのが「テレビでやってたから」とかね。
(わたしはテレビ嫌い)

 

 

それだけ、与えられる情報に対して信頼があるということは
素晴らしいことだと思う。

日本が平和な証拠(^^)/

 

 

けど、その情報「だけ」を見聞きして
「絶対間違えていない」と信じ切る前に

 

情報不信までいかなくとも
もう少し、疑ってふるいにかけてみる部分を
頭の片隅に持っていても良いんじゃないかなと思います。

 

疑う、というか
その情報(を発信する)に至るにはどういう背景があったのか考えたり

類似の情報や、あえて反対の情報を調べてみたり
詳しそうな人に生の声を聞いてみたり
あるいは自分が体験してみたり。

 

全信頼を委ねる前に自分でできることって、
実は結構ある。

 

 

そのうえで

何を信じて
何をよい、悪いと判断して
何を自分の日常に取り入れるかは

自由よね♡

 

 

「これが定義です」
「これがルールです」と

始めから正解を与えて疑う余地を与えない
正解主義、異論を許さない教育、社会
になってしまっている
反映なのかもしれないですね。

 

 

もちろん、
わたしがブログで発信する内容も
押し付けにはしたくないので

「モンドがこう言ってたから!」ではなくて

 

ワンクッション置いて
本当にそうなんだろうか?と、

ぜひ、ご自身でも咀嚼して、違う視点からも調べてみたり考えて下さいね。

(わたしの発信する内容に耳を傾けてくれるのはとても嬉しいです♡)

 

 

もし、わたしが書く内容に同意頂けない方がいらっしゃったとしても

そういう方にまでわかってもらおう、モンド論を押し付けようとは
わたしは1ミリも思っていませぬ(*´ω`*)

 

 

 

正解・不正解より、
あなたがどちらを選びたいかを。

 

たとえば糖質制限ひとつとっても

「急激な血糖値変化がメンタルに影響」
「糖化が体に及ぼす悪影響」
という情報もあれば

 

「糖質制限は危険」
「糖質制限しないグループのほうが長生き」
とか
もう、色んな情報があるけど

一体何を信じたらいいの~?!ではなくて、

 

自分にはこれ当てはまっていそうだから試してみよう
自分には必要なさそうだから、とりあえず様子見てからでいいや
この情報は意図がありそう
とか
(視聴率稼ぎとか、糖質製品or糖質オフ製品を売りたいとかね)

そこまで考えられたらすばらしいなと思います(*´з`)

 

 

それは何も
代替療法をはじめとするヘルスケア領域に限らず

 

政治であれ
宗教であれ
芸能であれ
スマホの機種選びであれ
パートナーシップであれ

同じように言えることかもしれないですね。

 

 


モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。