こちらの記事〜砂糖が蝕む、こころの健康〜
の続きのおはなし。

甘いもの、好きですか~?

 

 

 

体の中の代謝工場

 

体の中でエネルギーを作る工場は、
大きく2箇所あります。

 

以前のセミナーテキストを一部だけチラ見せ(*´з`)

学校では、生物か理科の授業で習ったね。

解糖という
お手軽エネルギー産生キットと
(例えるなら小回りの利く自転車

クエン酸回路という
大量にエネルギーを産生できる、立派な代謝工場。
(例えるなら、馬力があって遠くまで行ける、

 

 

この図のように
下の大きな歯車(クエン酸回路)が回るには
それなりの設備や燃料

・酵素 = たんぱく質
・補酵素 = ビタミン
・補因子=ミネラル

などが必要なのです★

 

車に例えるなら
本体の修繕やガソリン補給が必要なのと同じように

便利なかわりに維持が必要なのですね(^^)/

 

 

 

部品が足りない、
ガソリン不足の車はどうなるか

 

言い換えると
上の栄養分が不足していると、大きな代謝歯車(TCAサイクル)が回らず

 

上の、小さなお手軽回路(解糖)だけで
なんとかエネルギーを作り出そうとします。

 

この、お手軽回路(解糖)、
自転車のようにお手軽に使えて
非常時のエネルギーとしてはとても重宝するのですが

エネルギー産生量が少なく非効率なうえ
乳酸が副産物として出てくるので

 

非常エネルギーばかりに頼り過ぎると

疲労感や
乳酸代謝のためにまた別のビタミンが消費されたり…と

手っ取り早いエネルギーを生み出す以外の
代償が出てくるのです。

 

 

で、解糖回路は
糖質が材料なので

(解糖しか回路が回っていない=糖質しかエネルギーとして使えないので)

 

・ひたすら糖質が欲しくなる
・口当たりのよい糖質(パン、麺、米、スイーツ、ジュース)しか受け付けない

ということが起こるわけなのです…!

 

糖質はやめられなくなるからね。

そしてまた
乳酸やビタミンを消耗するという悪循環…

 

こういう方はぜひ
なんとか下の大きな歯車(TCAサイクル)が回るように
体づくりをしたいところですね!

であれば、何で補ったらよいのか

 

「もたれやすい体質だから」と片付ける前に!

胃袋も腸粘膜も消化酵素も、たんぱく質でできています。

 

適切な栄養を補ってあげて
代謝を邪魔するものを控え目にするようにしたら

大きな代謝工場も
ゆくゆくはしっかり回るようになります(*’ω’*)

 

 

ちょっと書きすぎたかな…^^;

今日はここまで♡

 


モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。