さて問題です。
(いきなりw)

 

 

Q.

些細なことで、いや、特に理由がなくても
イライラしたり、しょんぼりしたり、いじけたり、泣いたり
他人に依存的だったりする、通称メンヘラ
いわゆる情緒不安定な人。

そのほとんどが女性あるのは、なぜでしょうか?

 

 

誰もわざと
そんな性格になりたいわけじゃないよね。

というか、むしろ皮肉なことに
そういう人ほど、人一倍責任感が強かったりもするから
こんな自分なんて…」と、自分を責めてしまいかねない。

 

というか、偉そうに書くわたしがそうだった。
だからこの歳まで独s…辛いから書くのやめた笑

 

 

 

特に、女性に不足しやすいものとは

 

A.

モンド的アンサーはね、

 

男性と比べて、
女性に圧倒的に不足している栄養素

一つ大きな原因なんじゃないか、と思っている。

 

 

それは、です。

ご存知のとおり
女性は毎月生理で血液を失うので
血液を構成しているや、たんぱく質も失っているのです。

※赤血球(ヘモグロビン)は、
ヘムという鉄分グロビンというたんぱく質から構成されます。

 

 

つまり
同じ食事をしているカップルや兄弟や同級生でも
女の子のほうが鉄欠乏になりやすくて
(↑ここまでは「女性は貧血になりやすい」ということで知られているけど)

本当は
出ていった分だけ、余分に鉄分を食べて補う必要がある。

 

 

それが最近ではもっぱら
その食欲をスイーツで満たすことが常識化しちゃってるよね…

消費者側からすると「かわいい、口当たりがいい」
売る側からすると「原価が安い」からねぇ。

 

 

で、
その不足度合いのメンタルへのあらわれとして
情緒不安定が大きく関係しているのです。

血液の構成成分の不足だから
脳内酸欠ともいえるのかもしれないね。

 

 

「でも私、貧血って言われたことないし」
というあなた!

 

病院で診断される「貧血」は
めまいや動悸など、
いわば日常生活に支障をきたすほどの、重度の血液不足。

 

0か100かではなくて

そこ(貧血と診断されるようなライン)までいかないくらいの
一歩手前くらいの不足だったりすることも少なくありません。

 

 

わたしも前職の仕事柄、よく自分の採血結果は見ていて
貧血とは無縁の健康体だとずーっと思っていたのだけど

栄養医学を勉強して、
まさに貧血の一歩手前だったことを知って
今も鉄補給し続けています(*^^*)

 

というか、控えめに言っても

鉄分とたんぱく質、
女性で十分量足りている人は、まずいない
です( ゚Д゚)

参考: 藤川徳美先生の記事

 

 

 

病み始める年齢にも根拠があった

 

そして、メンヘラ女子っていうと
イメージ的に女子中高生以降だよね。
(生理の始まる年齢とも一致するよね。)

生理のまだ来ていない小学生の女の子で
クヨクヨ、イライラしてる子って、あんまりイメージ湧かないよね。

 

脳内ホルモンと鉄、たんぱく質の関係

 

プロテインのすすめを連投して

脳内ホルモンはタンパク質でできてるから
積極的に補いましょうね♡
と、書いてきました(*’ω’*)

 

 

でね、
まずプロテイン記事を色々続けて書いたのは

それだけ、ベースとしてたんぱく質が大切だからなのだけど

 

この、感情を司る脳内ホルモンを体で合成する過程でも
実は、鉄分が使われているんです。

 

 

つまり、

たんぱく質が不足すると
脳内ホルモンの材料不足になるし

鉄分が足りなくなっていると
脳内ホルモンが、合成の途中段階で止まってしまう。

男女のメンヘラ比を考えると
生理で毎月、血液(鉄+たんぱく質)を失っている意味って
けっこう大きいと思うのです!

今日はここまで(^^)/

 

 


モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。