寒い冬は、こってりしたもつ鍋が食べたくなりますよね。

だけど、わざわざ鍋のお店に予約して行くのもなんだし、
なんとなく一人では行きにくいし、
コース料理と抱き合わせのお店が多いから、お金もかかる。
そこまでしてならいいや…

これまでの自作アレンジを生かせないか

けど、わたしは料理が苦手でありながら、
これまでにとんこつスープや鶏ガラお雑煮を自作してきた。

そのノリで、もつ鍋も自作できるのでは…!!
と思って自作してみましたっ。

そして、意外と簡単に作れちゃいました。

作り方

調べてみると、意外と特別な手順もなく
簡単に作れそう。

ということで、いつものように
雑な適当レシピ、いきます!

材料

  • もつ:200gくらい/人
    (写真は500g)
  • キャベツ、ニラなどの野菜
  • にんにく
  • お好みでラーメン、白米など(シメ)

もつは脂分が多いため、普通のお肉より少ない量でお腹いっぱいになります。
見た目少ないかな?くらいでOK。
ちなみに普段ステーキ250〜300g食べるわたしは200gくらいが適量。
250g食べるとかなり苦しいです。

肝心のもつは売っているお店とないお店があり、
タイミングにもよるかもなので
スーパーのお肉コーナーをチェックしてみてくださいね!

味付け

いつものごとく大雑把な目分量なので
お好みで加減して下さい◎

  • みそ:味噌汁に入れる量よりやや多めに
  • 醤油:大さじ0.5~1くらい
  • みりん:少し
  • お好みで鷹の爪、白ごま

みそ、しょうゆ、みりんは
あらかじめ小皿に溶いておくとGOOD。

お家にもある、手に入りやすい材料ばっかりですよね(^^)

注意

もつは豚ではなく「牛」がオススメです!
豚もつは個人的には臭みが気になって食べにくかった。

あと、鍋の定番、白菜やもやし、きのこ類は
水分が多く出てきてスープの味が薄まってしまうので
実はもつ鍋には向かないんですって(。・o・。)ノ

こちらのサイトさんの情報を参考にさせていただきました!

手順

手順というほどでもないのですが…
お湯を沸騰させたら、強火でもつを煮込みます!

1分くらい煮込むと、もつがぷりっと膨らんでくるので
そしたらお湯から出して、別皿によけておきます。

ゆですぎると脂が溶けだしてぷりぷり感が減ってしまうので
ゆで加減がポイント。
(写真撮ったりモタモタしてたから茹ですぎたかも)

残ったお湯は美味しそうな脂が溶けだしているので
わたしは捨てずに上のアクだけとって、
そのお湯のまま具材をゆでてスープにします♪

ニンニク、キャベツなど
火の通りにくいものから順に具材をゆでます。

ひと煮立ちさせたら味付け(みそ、しょうゆ、みりん)を入れて
最後にニラを入れてしんなりするまで2分くらい煮込みます。

さっきお湯から上げたもつと合わせて
できあがりです!

完成!

煮込むだけ。とっても簡単ですね。
15分くらいでできちゃいますっ。

ちなみに今回は500gのもつを入れましたが
半分は翌日用にタッパーに入れて冷蔵保存。

250gでも、かなりのボリュームでした!!

気になる味は

脂分がたっぷりで
見ているだけでお腹が満たされそうですね。

もつがとろけて美味しい~!!!

今回入れるの忘れてたけど
白ゴマも最後に振りかけると、美味しいし栄養もあっておすすめです。

締めがなくてもお腹いっぱいになります

糖質はありますが
締めにお好みで麺やごはんを入れてもGOOD。

おそらく、もつでかなりお腹いっぱいになるので
シメを食べるかどうかは、食べ終わってから様子をみるほうがよいと思います◎

気になる栄養は

ぷるぷるなもつには
脂分とコラーゲンがたっぷり。

サプリほどじゃないにしても
ビタミンBや鉄分など、現代の人が不足しがちな栄養素も豊富です。

美肌はもちろん、
風邪や疲れ気味の人が好んで食べるのは、理にかなっているのかもしれませんね。

大事な臓器には大事な栄養が含まれる

ちなみにもつは、ホルモンという名前でも呼ばれますが
牛などの内臓(小腸が多い)を食用にしたものです。

とっても重要な内臓を構成しているもつが
体に悪いわけがない。

あのホルモンではない。
けど、ホルモンバランスにはGOOD

語源は「放るもん」からきているそうで(こんな美味しいものを捨てるなんて…!!)
女性ホルモンやストレスホルモンなどの分泌される「ホルモン」とは意味がまったく違います

だけど、いわゆる(男性・女性)ホルモンは脂分が主成分ですから
脂分やたんぱく質が豊富なもつ(ホルモン)は
ホルモンバランスにもよい働きかけをしてくれそうです◎

もつ鍋デートなんていかが?

自宅で手軽にできるもつ鍋を

特別な材料も要らず、意外と簡単におうちでももつ鍋が作れちゃいますので
お店に行くのが面倒だったり、節約したいときは
ぜひ作ってみてくださいね。

ネット通販だと確実に高品質のもつが手に入る

ちなみにスーパーに売ってない、
スーパーのもつより品質の良いもつが食べたい方は
ネット通販もおすすめ。

わたしはもつ鍋が食べたくなる冬は
寒くてスーパーまで行くのも面倒なので
ネット通販で買ったりしています。

送料無料 もつ鍋 具材のリピート購入ダントツ第1位 和牛卸直営店の A5 宮崎牛 とろける 大とろ モツ 小腸 200g×5 計 1kg 下処理いらず バーベキューセット バーベキュー コラーゲン 焼肉 肉 セット もつ煮込み もつ煮 モツ鍋 もつ 牛ホルモン 牛もつ

価格:6,480円
(2020/2/24 21:59時点)
感想(67件)

一口大に切ってくれているし、
小分けパックになっていたりするものもあるので
お鍋にそのまま入れるだけで美味しいもつ鍋ができます!

見てるとお腹空いてきた…笑

料理が苦手、味付けが不安な方は割高はなりますが
タレ付きのセットなんかもけっこう売っていたりします。
(が、せっかく自宅で作るなら、味付けも簡単なのでやってみてほしい)

関連記事

ついに牛・豚・鶏を制覇しました!(^^)/

スポンサーリンク


モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。