先日から続けて
プロテインアレンジの記事を書いてきました(^^)/

自分がプロテインに飽きてきたから(笑)、美味しく続ける工夫♪

そもそも
なんでそんなに毎日頑張ってプロテイン飲んでるの?

と、思われたことでしょう。


筋トレのためではないよ。

プロテインを取り始めたきっかけ

わたしがプロテイン買ってとり始めたのは今年の4月。
結構最近なのです。

試行錯誤した暗黒期
圧倒的に足りなかったもの

というのも今年の2~3月、
体調、メンタルともにとても調子が悪くてね。

なにもかも嫌になって
2年かけてコツコツ書いたブログ記事を
全消ししたりもしたΣ(゚Д゚)

こうやって、ある日突然
積み上げてきたものを
プツっと切れて壊してしまう。

サプリが効かない?

毎日生きているのが無意味に思えて、朝起きるたびに泣いていました。
今日、何のために、何を楽しみに生きれば良いんだろう…って。

自分でもどうなっちゃうか、危なっかしくて怖かった。

糖質制限サプリもたくさん飲んだり色々試していたり
負担&ストレスになっていた仕事(Wワークのうち一方)辞めて、
身軽になったはずなのに
なぜかメンタルは落ち込む一方で

サプリも効いている気がしない
むしろ、体調逆戻りしたりしていました。

↑サプリ代もったいないよね。
回復するころには破産してまうわ!!って

先の見えない焦りと苛立ちさえ覚えていた。

そこで知ったのが、たんぱく質不足でした。

現代の日本人に不足している栄養素

海外から伝えられた栄養医学の概念には
たんぱく質不足、というのはあまり強調されていないのだけど

どうやら食習慣の異なる日本人は、
欧米人と比べると圧倒的にたんぱく質が足りていないそう。

欧米人と比べてお肉あんまり食べないうえ、
昔は食べていたであろうお魚やお味噌汁も
今の時代、習慣的に食べている人ってかなり少ないのではないでしょうか。

質的栄養失調は商業戦略の犠牲

原価が安く利益が取りやすいし、日持ちもしやすいため
炭水化物ばっかり積極的に売られていたりして
贈答品やブームになるものもほとんどが炭水化物です。

なので、日本人はまず
たんぱく質不足の是正が何よりも先なのだそうな。
栄養の消化吸収を良くする(臓器を強くする)ためにもね。

そういう私もね、10年前からお金がなくて
おにぎり、パン、うどん、ピザばっかり食べてきていたから、
かなり思い当たった。

最初は「え~、お肉なら食べてるし!」って思ったのだけど
事実、それだけではメンタルが落ちたまま。

栄養が吸収されにくい状態

で、ちょうどその頃発売された
溝口先生の書籍↓を読んで

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門 [ 溝口徹 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2018/6/27時点)

わたしと似た症例の方が難治症例として載っていたの。

それでやっと、
もしかして、せっかくお肉を食べていても吸収されていないのでは…
と気が付き、プロテインを買ってみたのです。

ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン風味 1kg

新品価格
¥5,000から
(2020/1/15 11:43時点)

たんぱく不足と
メンタル失調

わたしたちの体は所詮、タンパク質のかたまりなわけで。

湧き出てくる感情も
脳内ホルモンによって左右されている。

セロトニンとか
ドーパミンとか
アドレナリンとかね(*’ω’*)

その脳内ホルモンが枯渇すると

人の欠点ばかり目についてイライラしたり、
落ち込んだり、自分なんて…ってネガティブになったり
メンタルのトラブル、不調になったりする
のです。

こわいね。

自分が体験したからこそわかる
心の栄養失調

でも、思い当たりませんか?

で、なんで脳内ホルモンが枯渇するのかというと

脳内ホルモンの原料の、たんぱく質だったり
原料から脳内ホルモンを合成するために必要なビタミンやミネラルが
足りていなかった
り…

材料不足、つまり栄養不足が大きく関係しているのです。

今日はここまで。

自分の後日談

わたし?

それからめきめき元気になりまして。
プロテイン飲み始めて1ヶ月くらいしてからかな。

(あとわたしの場合は、果物絶ちがかなり効果ありました!
結局、本当の意味での糖質制限になっていなかったのですね。)

こうしてブログ書けてることが、元気度の一つの指標かな(#^^#)
もちろん今もプロテインとサプリメントは継続して飲んでいますよ~!

スポンサーリンク


モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。