暑い夏の夜には
ピリッとさっぱり白ワイン

しかし!

私は1か月前に、果物絶ちによって見事な体調変化を実感している。
とくにお腹の張りがスッキリ。

そういえば、
ワインってぶどうのお酒じゃない。←当たり前

気にせず飲んでいるけど、
果糖大丈夫なのかなぁ?
と、ふと心配になったので調べてみましたっ。

果物のお酒、ワインの果糖量は?

糖質制限ドクター、江部康二先生のブログに
まさに!という記事を見つけました!
→こちらの記事

結論、
気にしなくてよし。
かな、と\(^o^)/

よほど超甘口とか、大量に飲むとかでなければね。

手持ちのワインの栄養成分表を見てみた

今日飲んでいるワイン(お手頃ペットボトルワイン)の
糖質量も見てみました。

100mlあたり
炭水化物 2.0~3.5gでした!

嗜む程度であれば気にするほどの糖質量ではない

上述の、江部先生のブログの記事の
炭水化物の内訳を参照させていただくと…

炭水化物のうち、糖質量は1gにも満たない
果糖はそれよりもっと少ないということになりますね。

「炭水化物」には
糖質のほかにも、体にほとんど吸収されない食物繊維なども含まれています。
ただし、大概は食物繊維の割合はごくわずかなので
普通であれば、ほぼほぼ炭水化物量=糖質量に近いと言ってもよいかと。

とにかく、グラス1杯飲む程度であれば
気になる糖質量ではないようです。よかった~。

ワインの親戚、甘味果実酒は糖質が多め

ちなみにシェリー酒などの甘味果実酒だと
その名の通り、もう少し糖質量が多くなるようですね。

実はわたし、シェリー酒が好きで買ったことがあるのですが
調子に乗って毎日少しずつ飲む量を増やしていくと
ワインでは感じなかったお腹の張りを感じて
泣く泣く控えざるを得なくなったことがありました…泣

※すべての方に当てはまるわけではなく
あくまでわたしの体質の場合のお話ですけれどね。

今では、飲むときは炭酸割りにして飲むスタイルに落ち着きました♥

果物ジュースの糖質量は

ちなみに、ジュースの糖質量も調べてみました。

ワインになる前の、
ぶどうジュース(濃縮還元)の糖質は
100mlあたり 11.9g

わたしが果物絶ちするまで「甘くないから大丈夫」
サプリを流し込むために暗黒期に飲んでいた
GFJ(グレープフルーツジュース:濃縮還元)の糖質量は
100mlあたり 8.8gでした!

しかも、お酒と違って
コップに入れてがぶがぶ飲むわけですから
どうりで体調が一向に変わらなかったわけね…

甘くないとはいえ、ワインの3~4倍も糖質があるとは。
けっこう糖質量ありますな( ;∀;)

「甘い」と感じるジュースは
糖質オーバー

だから、感覚的に「甘い」と感じる飲み物
まず間違いなく糖質オーバーと言っても過言ではありません。
大体(100mlあたり)10g以上は糖質含んでいるんじゃないかな。

ここでは糖質ゼロの話は割愛しますが
砂糖でなく人工甘味料であればオッケーという話ではないですよ~。

とにかく、
ワインの予想を上回るヘルシーさにびっくりですね♪

お酒好きなあなたにおすすめの記事

ちなみに、アルコール分や糖質量を気にせず
甘い飲み物を飲みたい!という方には、こちらの記事もおすすめ◎

他にも、楽しく糖質制限ライフを過ごすための工夫を記事にしていますので、
読んでみて下さいね!

スポンサーリンク


モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。