あけましておめでとうございます!

行動範囲が狭くなってしまい、窮屈な2020年でしたが
みなさまはどのような年末年始を過ごされましたでしょうか?

わたしは毎年恒例
鶏ガラお雑煮を作ってお正月を迎えました(^^)/

毎年改良中。
今年は手羽元も入れて肉感を増しました!

(ちなみにわたしは炭水化物を控えてはいるものの
断糖まではしていないので、お餅も入れています)

スーパーに大量に山積みされていた
宴の後の抜け殻

ところでお正月明けの今日、
スーパーに食材の買い足しに行って
びっくりする光景を見ました。

年末に鶏ガラも豚骨も使ったから
また冷凍のストック買っておこう~と思って
チルド肉コーナーを見ると

いつもは5~6個くらい売られている冷凍の鶏ガラが
溢れんばかりに山積みされて売られていたのでした。

さすがにお店で実物の写真は撮れませんでしたが…

たしかに、クリスマスといい、お正月といい、
鶏肉たくさん消費されますもんね。

その副産物というか
肉が売れれば当然、骨も出ますしね。

捨てられずにこうやって売られているのって、いいな。
たくさん売っててラッキー!と思う反面、
この山積みの鶏ガラ、果たして全部買われるのだろうか…と考えると、
ちょっと複雑な気持ちにもなったのでした。

鶏ガラをストックするなら
年始が狙い目

ということで、鶏ガラをストックするなら
チキンが大量消費された直後の年始
たくさん売られていて良いのかもしれないと気が付いたのでした。

年末に処理されたものであれば
冷凍といえど、比較的新鮮でしょうしね。

一足遅い年始のお雑煮もあり

毎年年末年始は出かけたりすることが多くて、
今まではクリスマス時期に一足早い鶏ガラお雑煮を作っていたのですが
逆に、年始のこの落ち着いた時期に
一足遅いお雑煮を作るってのもアリかもしれないなと思ったのでした。

切り餅も多少は安くなっているでしょうしね。

鶏ガラお雑煮の作り方

鶏ガラお雑煮の作り方は↓の記事に書いています。
簡単なので、よかったら読んでみて下さいね!

【年末年始恒例】お正月にぜひ試していただきたい、体とお財布に優しい、鶏ガラ雑煮のすすめ

お雑煮じゃなくても鶏ガラは使える

まぁ、お雑煮にしなくても、煮出してチキンスープにしたり、
寒くて抵抗力が下がりがちな冬には何かと使い勝手のいい食材なので
ストックしておいて損はないですっ。

アクを取って1~2時間煮込むと、
香ばしい香りがしてきます(^^)/

好き好きに野菜を入れて味付けすれば
チキンスープができちゃいますよ。

食べられる栄養分を有効に食そう

クリスマスに鶏肉を楽しんだ後は
骨まで有効活用する。

せっかく命をいただくのであれば
その命の栄養分を存分に生かせる食べ方をしたいですよね!

関連記事

冬の一押し食材、自家製とんこつスープの作り方とボーンブロスのすごい役割

禁断のニンニクたっぷり&カロリーたっぷり、食欲をそそるジョージア料理「シュクメルリ」を作ってみました!

 

スポンサーリンク




モンド

オンライン栄養サロンを運営。 からだはもちろん、こころの不調や活力低下と、食べるものとのつながりの大切さ、 新しいようで人間本来の食の概念を知ってもらいたく、活動を行っています。